茨城の桜の名所といえば千波湖!ほかは知らない

2018年の桜は開花が早く、散るのも早かったなぁといった印象です。しかし花見(桜並木を見ながらブラブラしただけ)は2回、楽しんできました。どこでって?さぁて、茨城で花見が楽しめる場所といえば、どこでしょう?

 

その答えは…!!

 

デデデデデデデデ……(ドラムロール)

 

そう!最近なにかとごひいきにしているあの場所!

 

 

千波湖です!(・∀・)

 

って、タイトルでばれとるやん(゜-゜)

 

そして桜を楽しんでいる(ように見える)人物は誰かというと、

 

 

あんじです。

 

思春期につき、(母が)カメラを向けると顔をそむけることが増えてきました。

 

千波湖ではスワンボートや手漕ぎボートが楽しめます。鯉に餌もあげられます。蕎麦のトッピングもただよっています。黒鳥や白鳥、鳩もい(やがり)ます(母は鳥が苦手)。鳥インフルエンザが流行した影響で、やつらの数は減ったようですが。

 

そういえば、徳川慶喜公(たぶん)は鳩に人気があるようです。

 

 

彼の眼下にある広場に集う鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩鳩……

 

 

鳩は人間がすれすれのところを歩いていても動じません。肝が据わっているというか、図太い奴らです。忌々しい鳩の話題はさておき、千波湖周辺には平日から親子が集う児童公園があり、アスレチックではしゃげます。

 

 

SL(展示物)にも乗り込んではしゃげます。デゴイチです。

 

 

高台のほうの公園では、休日になるとバルーンアーティストや昔なつかし紙芝居屋が一芸披露?にきていることも。

 

 

紙芝居のおっちゃんはもう来ていないのかな?約7年前には、非常に独創性のある紙芝居が拝めたのですが…いや最近、千波湖周辺にだだっ広い広場があることを知りました。同じ水戸市民に、その場所の存在に気づかなかったのがスゴイと言われてショックです。

 

 

この広場、どんだけ広いかってーと、端から端まで中継するのに、キャッチャー・セカンド・ライトの強肩を集めたとしても23分はかかるだろう広さ。(わかりにくい)

 

あ、広場で野球、サッカー禁止って書いてあったっけ(笑)ちなみにローラースケート、スケボーも禁止だって。ひょえ~~(゚∀゚)オリンピックの公式競技になったっていうのに、水戸には堂々とスケボーができる場所がない。

 

まあどうせ母は、スケボーするたびにケガするからやらないほうがいいんだけど。ぜひここでイベントをやってほしいな。【コドモもオトナもガチ勝負!はしゃげ水戸!希代の鬼ごっこ】みたいな。

 

茶色と緑の2トーン仕様、水戸の観光地をフルに生かした街おこしだ(・∀・)この広場には川を渡る橋がいっぱいあるのがまたいい。橋、好きです。

 

 

時代劇によく出てくるこの木製の橋、母はめちゃくちゃ好きです。ちなみに上のは【ようちょうばし】と読みます。意味は知りません。花見広場もあり、桜が満開のころはにぎわっていましたが、すでに葉桜。

 

今はネモフィラが見ごろを迎えています。

 

 

久々におさえたあんじの笑顔!感動です。まあ母以外がシャッターをきれば、必ず笑顔がおさえられるんですが。それはさておき、偕楽園へと続く陸橋の上からの眺望もいいんですよ。

 

 

実は偕楽園の桜も見事だったんですよ。そう、「見事だった」んです。すべて過去形。決してリアルタイムの出来事をお送りしないのがこのブログの特徴。最近たびたび訪れている偕楽園。

 

近々、偕楽園についても記事を書こうと思います。偕楽園を語らせたら、ちょっとアツいですよ、ワタクシ。ただし、予定は未…

 

ではでは。

Let\'s check the LATEST INFORMATION !
広告