電気が使えない?停電・災害時の在宅医療に備えるポータブル電源

人工呼吸器ユーザーの命を握る電気。2019 年の相次ぐ災害。

在宅医療を行う家庭では予備電源の必要性をまじまじと感じたことでしょう。

そこで母が提案するはポータブル電源です。

発電機や蓄電設備よりも安価で、手軽に取り扱えるうえ普段使いにも重宝します。

今回は在宅用医療機器にも使用可能なポータブル電源をピックアップしてみました。

スポンサーリンク

在宅医療・医療的ケアに適したポータブル電源5機種

在宅医療機器に適応するポータブル電源 5 機種の一覧です。

比較検討のご参考にどうぞ。

製品画像Jackeryジャカリ
ポータブル電源 1000
SmartTapスマートタップ
PowerArQパワーアーク

Jackeryジャクリ
ポータブル電源 700

BESTEKべステック
ポータブル電源

suaokiスアオキ
ポータブル電源 G1200

電池容量
(wh)ワットアワー
1002(802)wh626(532)wh700(660)wh648(504)wh1200(973)Wh
AC 出力機能100V/10A : 3 口100V/2A : 1 口100V/5A : 2 口100V/10A : 2 口110V/10A : 2 口
サイズ
(cm)
33.2 x 23.25 x 24.330 × 24.2 × 19.330 × 19.3 × 19.236.6 × 25.7 × 25.753 × 39 × 26.5
重量10.6 kg6.0 kg6.3 kg13.0 kg12.6 kg
価格139,800 円66,000 円79,800 円63,800 円
59,800 円
169,880 円

電池容量のカッコ内の数値は、実際に使用可能な容量の予測値を示しています。

この数値と変換効率は、メーカーが発表している各機器への出力可能時間の平均から母が割り出したものです。

ただし、パワーアークだけはメーカー発表値をそのまま記載しております。

よたばな君
なんで実際に使用できる電池容量は表示より減るの…?
よもやま君
蓄電されているのは DC で、出力するときに AC に変換される。このときに電力を消費するからだぜ

DC とか AC 変換とかって何?って方は、こちらから参考サイトへどうぞ

なお、こちらでご紹介しているポータブル電源は、母が「これならわが家で使いたい」と思う製品をラインナップしております。

お買い求めおよびお取り扱いは自己責任です。

気になる点や安全性の確認などは直接メーカーまでお問合せくださいませ。

ここから先は母の

スポンサーリンク

【停電・災害】蓄電池の代わりにポータブル電源という選択

ポータブル電源とは、その名の通り持ち運べる電源です。

家庭用コンセントで数時間~半日程度充電しておけば、有事の際に持ち運んで利用できます。

蓄電設備を備えるのが難しいご家庭にもってこいの災害対策(予備電源)ツールです。

なかには車のシガーソケットやソーラーパネルから充電できるなど、まさに非常時にもってこいのスペックが搭載している機種も。

今回は呼吸器っ子、もとい医療的ケアを必要とする家族がいるご家庭に適したポータブル電源の条件を次のように設定しました。

  1. 大容量電池
  2. 正弦波
  3. BMS 採用

ポータブル電源条件①電池容量は626Wh以上

電池容量 626Wh(ワットアワー)ってエライ具体的な数字だなと思われますよね。

実はコレ、うちのポータブル電源の容量です。

わが家が停電・災害対策に備えているポータブル電源は PowerArQ(パワーアーク)。

コンパクトなのに大容量、なおかつオシャレなルックスで、アウトドア好きに人気を博している製品です。

しかし、呼吸器っ子の非常用電源にこれ 1 台では万全の備えとはいえません。

みなさまにはより高スペックなポータブル電源を手に入れていただきたい。

ゆえにあえてパワーアークを基準に据え、他機種を比較していきたい所存です。

よもやま君
パワーアークのスペックは他製品と一緒に一覧に記すぜ

ポータブル電源条件②安定した正弦波せいげんは

正弦波とは、家庭用コンセントと同じ波形の電流です。

波形については以前の記事で触れておりますので、よろしければご覧ください。

関連記事

車で遠出するなら電源確保はマスト。人工呼吸器ユーザーあんじの母です。ディズニーシーへ行ってまいりました。わが家から夢の国までは 2 時間弱。果たして、人口呼吸器ユーザーはいかにして車で長旅をするのか。良い旅を[…]

安定した波形の電流が得られないとして、かつてはポータブル電源を在宅医療機器に使用することは敬遠されていました。

しかし今回ご紹介するポータブル電源は、いずれも家庭用コンセントと同様の正弦波で給電できる製品です。

あらゆる技術は日進月歩なり。

ポータブル電源条件③安全第一BMSは必須

BMS とは、バッテリーマネージメントシステムの略です。

BMS は、次のようなリスクから接続機器を保護します。

出力オーバー
出力ショート
以上温度
入力電圧低下
入力過電圧

一応、必須条件として挙げてはみましたが、もしかすると BMS が搭載していないポータブル電源なんてないかもしれません。

上記を見る限り、BMS が搭載していない機種なんて危険すぎですもんね。

在宅医療機器に必要な電力量は?アンペアをチェック

ポータブル電源を購入する前に、日常に必要な電力量を知ることが重要です。さっそくご使用中の在宅医療機器のアンペア数をチェックしてみましょう。

ここではわが家のあんじを例に在宅医療機器の必要電力量を計算してみます。

例:呼吸器っ子の消費電力量

  • 人工呼吸器(トリロジー 100):2.1A
  • 加温加湿器:1.5A
  • 在宅酸素濃縮器:0.8A(1L/h 時)
  • たん吸引器(スマイルキュート):1.1A

必要電力量概算:5.5A×100V=550Wh

よもやま君
「概算」としているのは使用条件によって消費電力量に変動があるからだぜ
よたばな君
機器の表記通りの電圧(A)を常に消費しているわけじゃないんだね…

あんじは概算で 1 時間に 550Wh を消費している計算になりますね。つまりわが家が所有するパワーアークではもって 1 時間です。

これでは非常時の備えには足りません。しかし、優先度の高い機器だけに給電するならばどうでしょう。

わが家を例に挙げてみます。

ポータブル電源の消費料を最小限にするには

まず、たん吸引器(スマイルキュート)はバッテリー稼働にします。そしてバッテリーも切れたら、単三乾電池で作動するキュータムを使用します。

さらに酸素は酸素濃縮器からボンベに切り替え、加温加湿器は人工鼻にチェンジ。こうして人工呼吸器だけにポータブル電源を利用すれば、わが家の場合は 3 時間弱の電源が確保できます。

これだけの時間があれば、荷物を準備し、あんじを病院に避難させるには十分な時間が稼げます。

このように、電池使用量を極力セーブするなら代替のきくデバイスへの給電は省いていくのが基本です。

とはいえ、電池消費量はデバイスの稼働状況によって前後します。経験則では概算より下回ることのほうが多いです。

デバイスへの平均的な電流は定格電流より小さいよ

さまざまなデバイスに示されている定格電流とは、流しうる電流の上限値に過ぎません。

ゆえに前述では各デバイスの電力消費量を「概算」として算出しております。

たとえばトリロジー 100 なら定格電流 2.1A と表記されていますが、これは製品を安全に使用できる電流が 2.1A 以内であることを指しています。

すなわちトリロジーが常に 210 Wh の電力を消費するという意味ではないのです。

よたばな君
それなら、酸素濃縮器といっしょに給電しても大丈夫そう…

あくまでもポータブル電源は臨時措置にすぎません。

くれぐれも時間稼ぎ以上の期待はせず、災害時には病院を頼りにしてください。

病院へ向かうことが困難な場合には、銀行や学校などで電源を借りることも考えましょう。

よたばな君
特に銀行はセキュリティのために予備電源の蓄えが豊富らしいよ…
スポンサーリンク

在宅医療機器の消費電力の調べ方と計算方法

在宅医療機器のアンペア数は本体裏や取扱説明書に記載されています。

よくわからない場合は、ネットで検索してください。

困ったときのグーグル頼み。現代ツールの恩恵にあやかりましょう。

消費電力の計算方法は以下の通りです。

消費電力(Wワット)= 定格電流(Aアンペア)× 定格電圧(Vボルト
VAボルトアンペア とある場合は W と同じ意味です。
よもやま君
時間あたりの消費電力の単位はWhワットアワーになるぜ
よたばな君
1A×100V のデバイスを 1 時間使うと 100Wh だね…

ちなみにわが家のパワーアークだと、トリロジー100 はフルバッテリーの状態で給電したときに 48Wh の消費でした。

理論上は 11 時間ほどもつ計算になりますね。こうしていくつかの手段とツールへの切り替えを普段からシミュレートし、知識を身に着けておけば、いざというときにパニックは避けられるでしょう。

しかし慢心せず、人工呼吸器ユーザーの介助者は「いざとなったら手動人工呼吸(アンビューバック)」という心構えも必要です。

これを機に、みなさんもぜひ日常の消費電力量をチェックしてみてください。

天災は避けられない。減災を目標に備えあるのみ

大規模な災害が日本列島を襲うこと幾数回。

もはや被災地ではない地域のほうが少ないのではないでしょうか。

ときに、 9.11 アメリカ同時多発テロ事件での教訓が思い出されます。

テロの標的になったビル群のなかでも、ワールドトレードセンター南棟では多くの人々が生還しました。

あの惨状において「生還者の階段」を降りることができたのは、ひとえに避難訓練の賜物だという話です。

繰り返し実践してきた訓練があったからこそ、あのパニックの最中でも速やかに避難できたのだと。

この事実は災害時のシミュレーションがいかに重要かを示す事例、教訓を示しています。

いざというときだけではなく、日常的にポータブル電源に慣れておくと安心です。


【あんじと呼吸器ライフは、国内最高水準のワードプレステーマ【THE THOR(ザ・トール)】でできている。