東日本大震災後の気管切開、そしてCVポート埋め込みへ

レンズを向けると、なぜか顔を隠すあんじさん。

しかし、『いないいな~い…』と号令をかけられると…

 

 

 

ばあッ

 

とやらずにはいられない。

芸人魂健在!(゚∀゚)

 

むっくむくだった顔は元に戻り、病院の人工呼吸器e360から、シールがべったべた貼られた、あんじのトリロジーに戻りましたょ(^^♪

 

 

散々ハラハラさせられたヒドイ状態からすっかり復活を見せ、つい数日前の状態からは考えられないほどのこのよゆーっぷり。

 

今日も冷たい牛乳がうまい!ってなもんだ(゚∀゚)

 

今、病院では退院組はドンドン出て、入院組がガンガン入ってきています。

 

患者の入れ替わりの激しいこと激しいこと(゜.゜)

 

季節の変わり目恐るべし…

 

あんじも依然、油断大敵ですが、3月10日(日)に退院が決まりました♪(^▽^)/

 

この翌日は、東日本大震災からちょうど2年目にあたる日ですね。

 

あの当時のあんじは、まだ気管切開もしていませんでした。

 

2011年3月11日は、母と2人でメガドンキで買い物を終え、駐車場の車に乗り込もうとしていたときに震災が発生。

 

サザエさんのエンディングよろしく、3階建てのメガドンキが、ぐわんぐわんと左右斜めにたわんだのを見ました。

 

母はすでにチャイルドシートに着席していたあんじをあわてて車の外に出し、ぎゅっと抱きかかえて、ただただパニック((((;゚Д゚))))

 

もちろん、周りの人もパニック。

 

そんな中、なぜかあんじだけは冷静で、『だいじょぶだから!だいじょぶだから!ママ!だいじょぶょ!』と、私や周りの人に叫んでました(笑)

 

でもやっぱりやせ我慢だったらしく、『ほら、ママちゃんとだっこ!だっこして!』と、しっかり自分を守らせようともしていたっけ(笑)

 

あれからもう2年。

 

日本も変わりましたが、我が家にも大きな変化がありました。

 

大震災の2カ月後、あんじはついに気管切開

 

その半年後には、就寝時に酸素吸入が必要に。

 

そしてまた半年足らずで、常時酸素吸入が必要になりました。

 

やがて我が家には父親がいなくなり、代わりに新しい命がやってきました

 

それから半年ほどが経ち、次にあんじに必要になったのは人工呼吸器

 

あんじに医療的ケアが必要になり、徐々にケアは濃厚になっていき、ついでに家族にメンバーチェンジ(笑)もあったけど、ずっと変わらないのは4人家族ってこと。

 

家族がそろって暮らしていられることが、どれだけ幸せなことかってことを、思い知らされた東日本大震災。

 

あの頃の緊張感を持ち続けろっていうのはしんどいけど、この時期くらいは振り返らないとなと思います。

 

みなさん、非常時の備えは大切に!(`・ω・´)ゞ

 

話が遠い記憶にまで及びましたが、あんじ、次は19日に入院予定です。

 

次の入院では、入院時の憂鬱を一掃!劇的☆CVポート埋め込み術を予定しております(・∀・)

 

これまであんじは、肺炎をタイトに繰り返しているため、血液検査や点滴での穿刺が、苦痛でたまりませんでした…。

 

そこで朗報!

 

CVポートなるものを鎖骨下ないし上腕に埋め込むことで、血液検査も点滴のルート確保も、苦痛を伴わずに1回の穿刺で済む!

 

というお話を伺って、わぁ~~~お!(゚∀゚)こりゃやらな!ってなったわけです。

 

で、CVポート埋め込み術に臨む運びとなりました。

 

日常的に薬剤投与がある患者さん向けの処置らしいです(・∀・)

詳細→CVポートとは?

 

入院しないように管理できるのが一番ではありますが、これがなかなかの難題なもんで…(-ω-;)

 

ひとまず、入院時の憂鬱が解決する道を選んだ次第です。

 

したがって目下の目標は、万全の体調で手術日を迎えること!

 

入院は19日ですが、手術自体は21日を予定しています。

 

あんじ、がんばろう!(/・ω・)/

Let\'s check the LATEST INFORMATION !
広告