ブログ403エラー。エックスサーバーのアカウントが凍結したときの対処法

333スサーバーの料金が支払えていないことに気づかず、うっかりアカウントを凍結させてしまいました。おかげでブログが403エラーのブルースクリーン状態に…。

 

どうやらエックスサーバーの支払期限から20日を過ぎていたようです。でもアカウントの凍結を解除する方法は簡単です。地獄の沙汰も金次第や。

エックスサーバーアカウント凍結解除の方法

アカウントが凍結したらすぐさま料金を支払う

サーバー料金未払いによるアカウントの凍結は、料金を支払うだけで解除されます。特別は操作は必要ありません。

 

支払い方法は銀行振り込みやペイジー、コンビニ支払い、クレジットカード払いから選べます。ちなみに母はクレジットカード払いをセレクト。

 

支払い手順は以下の通り 

 

①エックスサーバーインフォパネル にログイン。
よもやま君
ちなみにインフォパネルのID・パスはサーバーパネルとは別だよ
②左サイドバー料金のお支払/請求書発行に進む。
③更新期間と支払方法を選択する。

未払い分を合わせた更新期間(3・6・12・24・36ヶ月)の支払いを完了させれば、アカウントの凍結が解除されます。

アカウント凍結解除のタイミング

クレジットカード払いなら即刻、運営サイトが復旧します。エックスサーバーが料金の支払いを確認できた時点でアカウントの凍結が解除されるようです。

 

エックスサーバーによると、銀行振り込みでは3日程度ペイジー・コンビニ支払いでは2時間~3時間はかかるとのこと。

 

サイトを一刻も早く復旧させたいなら、クレジットカード払い一択ですね。

おすすめのエックスサーバーお支払い方法

エックスサーバーのアカウント凍結を解除したいとき、クレジットカードをお持ちでない方は「なかなかサイトが復旧しない…!」と気を揉むかもしれません。

 

そんなあなたに朗報。Visa や Mastercard、JCB 搭載のデビットカードならクレカ同様に決済できます。

よもやま君
デビットカードでキャッシュレスライフをエンジョイ♪

デビットカードは、口座を保有している銀行で発行できます。最近では口座開設時に発行されるキャッシュカードにデビットが付帯していることのほうが多いかもしれません。

デビットカードの支払いは口座残高から即時おこなわれるので、現金感覚で利用できるのがメリット。しかも入会費や年会費、審査も不要です。

ちなみに母は、楽天銀行 Visa デビット を保有。また 住信 SBI ネット銀行ミライノデビット(Mastercard) も発行手続き中です。

 

2019年10月16日追記現在は楽天デビットとミライノデビット、ともに楽天ペイや Google Pay に登録して利用しております^^

よたばな君
ただし、口座の残高不足には要注意でヤンス

「銀行口座の残高管理が難しそう…」というあなたには、おすすめの無料アプリをご紹介。母愛用、スマホで完結する家計簿【マネーフォワード】です。

 

マネーフォワードなら現金はもちろん、提携する銀行口座やクレジットカード、電子マネーまで一括管理できます

PR

エックスサーバーのアカウントが凍結するとどうなるの?

運営サイトが403エラーになる

サーバーパネルにログインできない

サイトへのアクセスがなくなる…

アナリティクスの変動から凍結に気づく人が多いのかな?母はサーバーパネルにログインできないことで気づきました。

 

当サイトが403エラーを起こしているさなかに訪問してくださったあなたさまには、大変申し訳なく存じます…。しかしたとえ凍結しても、先に述べたようにサイトの復旧は簡単です。

 

ところが凍結したまま長期間にわたって放置すると、サーバーIDそのものが消失するそうな…。そうなればエックスサーバーのバックアップも消失し、サイトの復旧は困難を極めます。

 

日頃から自分でバックアップを取っておく意識が大切ですね。エックスサーバーでは「長期間」がどのくらいの日数にあたるかは明記していません。

 

ただし16日間の凍結くらいなら、サーバーアカウント消失とはならないようです 

サーバーアカウント凍結への対応方法と予防法

  • バックアップ完了メールの確認を怠らない
  • 自動更新(支払い)にはクレジットカードではなくデビットカードを登録する
  • ネット決済関連のメアドを統一して毎日チェック

 

アカウント凍結を避けるためにも、サイトが健全な状態であることを毎日確認することが必要です。そこでおすすめなのが UpdraftPlus (アップドラフトプラス)というプラグインです。

 

アップドラフトでお知らせメールを設定しておけば、バックアップの状況を毎日メールで知らせてくれます。

 

しかしサーバーが停止すると、サイトのプログラム(CGI)も停止。「アップドラフトからメールを送るプログラムも機能しません。

 

すなわち毎日届くはずのメールがこないことでサーバー凍結を疑うことができるわけです。アップドラフトの詳細・設定方法はこちらのサイトがわかりやすいですよ^^

【対策】自動更新の支払い設定とメール設定を見直した

母のサーバーアカウントが凍結した原因は、自動更新の設定がリセットされたためです。おそらく、設定していたクレジットカードの使用期限を更新しなかったせいでしょう。

 

みなさま、クレジットカードの更新があったときにはエックスサーバーに登録している情報の更新をお忘れなく

 

また、支払いを勧告するメールが何通も届いていたことにも気づきませんでした。これは滅多にチェックしないメルマガ用のメアドをエックスサーバーに設定していた母が悪い。

 

エックスサーバーには開封度の高いメアドを登録しましょう。もしくは重要フォルダへの振り分け設定を。403エラー、あせった~。

PR
Let\'s check the LATEST INFORMATION !