国際福祉機器展2017レビュー!

国際福祉機器展に行ってまいりました!

 

 

こいつが戦利品のカタログが詰まった

バッグです!(・∀・)

 

一緒に行く仲間たちと朝9時にkokoroに集合し、

母が間に合えば1台の車でいこうぜという話だったのですが、

なんと驚いたことに、母がみんなに先駆けて

1番に到着するという快挙!

 

快挙ってあーた、大げさでしょ~よ。

って思われたかもしれませんが、

これがね、kokoroのみなさんが度肝抜かれた…!

ってくらいの出来事なんですってば(笑)

 

というのも、あんじ母ときたら、

遅刻の常習犯なのね~~~(;´∀`)

 

kokoroの予約時間にはほぼ毎回遅刻だし、

友人との待ち合わせに間に合うことも少ないし、

おそろしいことに、

過去には最大4時間も待たせた人もいるという…。

 

ね、最低でしょ?( ̄▽ ̄;)

 

だから今日は雨でも降るんじゃねーか!

勘弁してくれよ!何してくれてんだよ!

ってエライ言われようで(笑)

 

すんごい頑張って支度整えて、

めっちゃ早く家出てきたのに、こんな扱いって…(゜_゜)

 

いや、そもそも母の日ごろの行いが悪いせいなんですが(笑)

 

それはさておき、仲間4人で

kokoro代表K様の車に相乗りして向かった先は

東京ビッグサイト。

 

女4人がそろった車内では、

絶え間ないトークが繰り広げられたのでした。

 

そしておよそ2時間半後に現地入り。

ちょっと首都高が混んでた…(゜_゜)

 

最初に入場手続きを済ませ、ドキドキでくぐったゲート。

 

そこにはブースの数もさながら、

見たこともない多種多様な福祉機器が

わんさとあるわあるわ(゚∀゚)

 

もう圧倒されっぱなし!

 

車いすがあんなに豊富にそろった現場を見るのは

初めてだったので、

母はとにかく大興奮!

 

特にあんじサイズの車いすを発見したときは

その小さなマシンに視線釘付け(笑)

 

母が福祉機器展で探したかった足回りのカスタマイズ品は

めぼしいモノが見つからなかったのですが、

あんじの生活を快適にできるかもしれないアイデアは

たくさん頂けました。

 

それでは、今回の国際福祉機器展でえられた成果を

お披露目しましょう(/・ω・)/

 

まずはこちら。

 

 

歩行器や車いす、バギーを

こども自らがスティックで簡単に操作できるようにする

歩行器電動化装置、

その名も B-GO(ビーゴー)!

 

 

これはいい!(・∀・)

 

なにがいいって、

まず既存の歩行器などにワンタッチで装着可能なところ。

 

電動車いすを購入するのはまだちょっと気が引けるとか、

自由に散歩をさせたいけど車いすを動かす体力が乏しいだとか、

坂を上るときに補助が欲しいというときにも

重宝すると思います。

 

そしてこどもが喜ぶ汽車スタイルがステキ(笑)

60kgまでけん引可能らしいので、

あんじの場合、歩行器に呼吸器や酸素ボンベを積んだ状態でも

余裕で引っ張ってもらえます(^^♪

 

次に目を引いたのは、マッサージはもちろん、

排痰ケアにも有効な

ブルブル抱き枕!

 

 

生地の肌触りも心地よく、

その辺で売っているブルブルクッションよりも

すごくしっかりブルブルする!

 

排痰にも効果あるんじゃない!?

って4人で興奮していたら、ブースの担当者が

「マッサージ用に作ったのに、そんな需要があったとは!」

と、目からウロコ状態(笑)

 

われわれ、

「団体で買うから、茨城の担当者に

ちゃんと割引するように打診しといて」

ってしっかり交渉してきました(。-∀-)

 

そして最後に注目したのはこれ!

 

 

声を失った人のための

電気式人工喉頭ユアトーン!

 

こういうものがあるっていうのはなんとなく知っていたけど、

大人用というイメージがありました。

 

でも実際に生で見てみたら、

「これ、あんじにも使えるんじゃね?」と

めちゃめちゃ興味がわいちゃって☆(*´σー`)

 

 

ふむふむ、無料でデモ機が使えるらしい。

 

ってことで、明日、さっそく

レンタルの申し込み電話をしてみます(^^♪

 

もしあんじでも使えたら、

声が出なくなるのがかわいそうで

こどもの気管切開を踏みとどまっているという方の

背中を押すことができる代物かもしれませんね。

 

医療が日進月歩なら、

福祉機器だって日進月歩じゃなければ!

 

ああ、そうだ!

もうひとつ欲しいものが増えました!

 

これはいずれ近いうちに手に入れたい…

 

 

最新式!?携帯型たん吸引器、

Qtum(キュータム)!(^▽^)/

これね、なんと重量約1.2kgしかないんですよ!

 

わが家もですが、

多くの方が使用しているパワースマイルが約3kgなので、

なんと重量半分以下!!

 

 

もちろん吸引瓶の容量は300mlとだいぶ少なくはなりますが、

ちょっとしたお出かけくらいなら十分だし、

持ち歩きは軽くてコンパクトなほうが重要ですよね!

 

しかも動力を乾電池から得られるため、

長時間の停電や災害などの緊急時にも

動力の確保が容易というメリットも!

 

あんじが歩行器のときは

母が吸引器を持ち歩くことになるので、

軽くてコンパクトだと本当に助かる!

 

もし自治体から補助が出るなら即決で購入するけど、

自費だとちょっとお金をためる期間が必要な金額…( ˘•ω•˘ )

 

辛抱するか、思い切って身銭を切るか…

 

母、しばらく葛藤する予定です。

 

今日のところは特に心ひかれたもの4つを取り上げましたが、

福祉機器展で頂いたカタログはまだまだたくさんあります。

 

それはもう、それらを入れたバッグの重みで

肩にアザができるほど。

 

こいつらに再び目を通して、

コレは…!!と思うものがあったらまたUPします♪(^▽^)/

Let\'s check the LATEST INFORMATION !
広告