最後までハプニング!イオタ生誕5周年TDSフィナーレ

最後までハプニング!イオタ生誕5周年TDSフィナーレ

★前回のお話→→→【兄妹捜索中】ディズニーシーで最高のバースデー体験

 

 

ダラダラと更新してまいりましたが、ついにイオタ5thアニバーサリーinディズニーシー最後の記事です。いきなり大層なタイトルが飛び出てまいりましたが、気分で付けただけですのでサッと流してください。

 

時は最後のパレードが始まる前。杉山家は、アットホームな雰囲気かつ疲れの目立つ保護者達の負のオーラがただよう、かのファンシーなアンダーグラウンドワールド【マーメイドラグーン】を満喫しておりました。

 

そうだ、最後のパレードが始まる前にもうひとつくらいみんなで楽しめるアトラクションを…と思った矢先に目についたのが【マーメイドラグーンシアター】。すでにガラガラだし、すぐ入れるらしいから行こか~~♪

 

…と思いきや、あれ?そろそろ呼吸器のバッテリー、ヤバくね…?(゚∀゚)母が準備していた呼吸器のバッテリーは内外合わせて9時間分。つまり、9時間ぽっちじゃ日本一を誇るテーマパークは回り切れないということなのか…!!

 

(今度は)ちゃんとスマホを持ったのを確認してイオタとユウトを放し飼いにし、

 

 

母とあんじはダッシュで中央救護室へ!ディズニーリゾートには体調不良になったゲストや医療的ケアが必要なゲストのために各所に救護室と呼ばれる場所が設けられています。

 

救護室とは、体調がすぐれない方や医療的ケアが必要な方、ケガをした方などが集う、夢の国の中でもっともリアルうずまくスポットです。今回はあんじの体調もいいし、準備も万全だし、その門を叩くことはないだろう!と高をくくっておりましたが…最後の最後でやはりお世話になることに(;´・ω・)

 

しかも呼吸器の充電なんぞのために…!嗚呼、レストランとかシアターとかで充電用の電源を取らせてもらえたならば、こんな事態は避けられたんだけどなぁ~( ノД`)なんて泣き言を言っているうちに、最後のパレードが始まってしまいます。

 

軽快な音楽は聞こえども、ディズニーの愛らしいキャラクターたちや弾むように踊るダンサー、きらびやかなイルミネーションは救護室の壁にはばまれ、見ることは叶いません。

 

そしてついに、フィナーレ。結局、呼吸器の充電のために救護室にこもること30分。夢の国のクライマックスをみすみす見逃すこととなったのでした…。楽しみにしていた最後のパレードを見られなかったあんじは、

 

激怒(。-`ω-)

 

母が至らなかったがために…ご、ゴメンナサイ…!!(´;ω;`)

 

いつも決まって何かしらのトラブルが起こる杉山家。ディズニーシーにて今回、降りかかってきたのは医療機器の電源確保問題。今後は事前に予備バッテリーをフィリップス(呼吸器のメーカー)に1本貸し出してもらおう。

 

これまでも幾度となく救護室にはお世話になってまいりました。が、そのたびに思います。救護室といえどもディズニーリゾートの一部。あんな殺風景で薄汚れた部屋ではなく、きちんと夢の国テイストに仕立てていただけないものか。

 

園内を見渡せるモニターが備え付けられていれば気分が悪い人だって、ケアのために動けない人だって雰囲気やパレードが楽しめるし。何もないあの部屋に行くと、一気に夢から覚めてまう…(゜-゜)

 

またこの日は、上空の強風のため、夢の国で過ごした1日のフィナーレを飾る花火は中止。どこまでもツイてない…!じゃあお土産でも買ってから帰ろうとショップを回りました。

 

が、またしてもバッテリー不足によるアラームが!Σ( ̄□ ̄|||)エマージェンシー!!今更知った新事実!呼吸器は30分程度じゃほとんど充電されません!(´;ω;`)

 

あわてて撤収するも、鳴りやまないアラームにパニックのあまり駐車場所まで迂回に次ぐ迂回!なぜ!?(´;▽;`)ゲートの近くに駐車した意味がまるでない!必死に走り、あわてるみんなとは対照的に、あんじだけは大爆笑。

 

おいおい、キミは今、ピンチなんだぜ?

 

すでに呼吸器は減圧されて余力がない状態!アンビューバックに切り替えればいいのだが、なぜか拒否するあんじ!しゃーない、めっちゃ走って、走って、車に着くなりエンジンスタートして電源セット!

 

た、助かった……!!!( ノД`)

 

うん、大丈夫だねっ。充電されてる~(;´・ω・)男どもはぐったり。あんじは相変わらず爆笑。そんな子供たちを尻目に、母はまた走り、ひとり園内に戻ります。ロッカーに預けっぱなしになっている予備の酸素ボンベを取りにね…。

 

そんなドタバタ劇があったあとの帰り道は、次の日も平日なためにスイスイ♪でも首都高では常磐道に向かう分岐を初めて間違えた(笑)葛飾区をドライブするハメになったよ(゚∀゚)

 

終始バタバタでちょっと疲れたけど、いい思い出と、今後に生きるだろう反省をはらんだいい1日でした♪(^▽^)

 

 

最後も不機嫌(笑)

 

こうしてわが家の末っ子・イオタの5歳のバースデーは、あわただしくもユカイに幕を下ろしたのでした。今回起きたいくつかの事件を踏まえ、子供、特に呼吸器っ子(医療的ケア児)をテーマパークに連れていくときに守るべき5か条をここに制定します。

 

  • スマホ(携帯電話)は必ず携帯すること(言うまでもない!)
  • 子供には個性的な服装をさせること(目立てば見つかりやすい!)
  • はぐれた際に落ち合う場所を決めておくこと(被災時と同様!)
  • 医療機器や医療的ケア用品の予備は必要以上に持っていくこと(過剰に!)
  • 日頃から体力向上に努めておくこと(己を過信するべからず!)

 

5か条目に「ん?」と目がとまったあなた。これ、だいじですからね。ホント、だいじです。なぜならこの翌日…

 

母、めっちゃ筋肉痛!(´;▽;`) 

 

★最初のお話へリバース→→→【イオタ生誕5周年】ディズニーシーで過ごす子供のバースデー

おでかけ&旅行カテゴリの最新記事