在宅医療におススメ!人工呼吸器の設置に便利なキッチンワゴン

在宅医療におススメ!人工呼吸器の設置に便利なキッチンワゴン

最近は母の趣味に偏った記事が多くなっておりましたが、決してこのブログの意義を忘れたわけではありません。不肖あんじ母、医療的ケア児にかかわるみなさまのお役に立つ情報を、今回こそ発信いたしましょう。

 

というわけで今回ご紹介するのは、人工呼吸器を在宅で使うことになったら絶対用意しておきたいツールのひとつ、ワゴンです。人工呼吸器と加温加湿器、吸引セットやその他ケア用品もろもろを置くためのキャスター付き収納ラック、すなわちキャスターワゴン、またの名をキッチンワゴン。

 

略してワゴンをご紹介してまいります。

Advertisement

在宅医療/医療的ケアの必需品といえばキッチンワゴン?

 

 

あんじが呼吸器っ子となってからおよそ6年。あんじの在宅生活には、人工呼吸器と加温加湿器はもちろん、吸引や吸入、CV 維持など、各種ケアに必要なグッズがたくさんあります。

 

 

 

人工呼吸器を初めて家に持ち帰ったあの日、あんじ3人分の容量がある収納ツールがないことには生活できませんわ…。と、途方に暮れた…ような気がします。正直、遠すぎる記憶で全く覚えてございません。

 

とにかくそれからというもの、わが家ではいくつかのキャスター付き収納ラック、すなわちキャスターワゴン、またの名をキッチンワゴンを、乗り換えながらここまできました。(といっても今ので3代目なんですけどね。)

 

しかし、どいつもこいつも帯に短したすきに長しといった状態で、母は不満を抱えながらもそいつを使い、でもやはり我慢ならずにまた新たに買い替え、またまた辛抱たまらず次を購入し…と、ジプシーさながらのワゴン人生でした。

 

ついに発見!人工呼吸器を置くのにぴったりなキッチンワゴン

 

 

もはやここまでワゴンを吟味しなければならない育児など、他にありましょうか。これぞ呼吸器っ子の育児の醍醐味とでも申しておきましょう。ポジティブ思考バンザイ。ともあれ、母はあんじの医療的ケアグッズをのすべてをまるっと収納・運搬できる優秀なワゴンに飢えてきたのです。

 

そうしたなかで、ようやく出会えた理想のキッチンワゴンがこちら。

 

どこがいいんだって?まあ聞いてくださいよ。

 

キッチンワゴンWildoのおすすめポイント

 

 

 

3つのおすすめポイント

  1. 棚1段あたり20kg の耐荷重で安心の収納力
  2. スイスイ動くなめらかキャスター
  3. スチール製で安定感のある丈夫な造り

 

 

このキッチンワゴンの何がステキって、まず耐荷重です。各棚の耐荷重は約20kg。あんじが使用している人工呼吸器トリロジーの重量は5kg ですので、1段あたり4台も載せられちゃいますね。

 

わ~お。ただし、棚の内寸は40.5cm(横)× 29.5cm(奥行)× 8.5cm(深さ)。棚の大きさからすると、人工呼吸器は1段あたり1台が限度です。まあそもそも、1台載りゃあええんですが。

 

全体的な大きさも44cm(横)× 36cm(奥行)× 90cm(持ち手部分含む高さ)と、1歳くらいの子が立っているくらいの存在感。つまり邪魔じゃないってことです。わかりにくい…?

 

インテリアになじみやすいカラーリングも魅力

 

 

わが家が愛用するキッチンワゴン、カラー展開はホワイト、ブラック、ピンクの3色です。ピンクやホワイトなら、フレンチなお部屋にマッチしますし、ブラックならインダストリアルにもばっちり。

 

なんつって。ちなみにわが家では、あんじが少しでも穏やかに…もとい、あんじにコキ使われて荒んだ母の心が少しでも癒やされますようにとの願いを込めて、やわらかい色調のピンクをセレクトいたしました。

 

すると、どうでしょう。わが家の一部となったパステルピンクのキッチンワゴンは、見事、母の心を癒や…すまでの効能はさすがにございませんでしたけれども。ただ不思議なことに、フレンチとは程遠いパンチの効いたわが家のリビングに割とマッチ。

 

医療機器のためのアイテムといえども、お部屋との調和はやはりだいじですよね。

 

【キッチンワゴンの使用例】人工呼吸器の移動がス~イスイ

 

 

わが家でのキッチンワゴンの使い方をご紹介いたします。まず、上の段には人工呼吸器トリロジーが鎮座しております。次に真ん中の段には、CVケア用品やネブライザー、カニューレホルダー、気切用ガーゼ、使いかけの外用薬などを、100円ショップのカトラリーケースや小物入れを利用して収納。

 

またサイドには100円ショップのシンク下用ワイヤーラックで、吸引セット(チューブや水など)を装備しております。

 

 

【2019年2月18日追記】

現在は吸引器用バッグにセットをひとまとめにしているため、装備は解除しております。わが家の吸引器および吸引器用バッグの記事はこちら。

【たん吸引器キュータム】7か月使用後のレビュー!

 

ちなみに吸引セットの水入れやチューブ入れも、100円ショップのドレッシングボトルやオイルポットです。あ、予想ついてました?

 

加温加湿器の設置場所はユーザーより低い位置がベター

 

 

最後に下の段には、加温加湿器や酸素チューブ用コネクター予備、外用薬予備、アルコール綿予備などを収納しております。言わずもがな、これらの収納に利用しているのも100円ショ…(以下略)

 

では、加温加湿器用の蒸留水はいかに。なんと実は、これまた100円ショップの高齢者用ステッキを利用。こいつをクランプ(木工に使う洗濯ばさみみたいなヤツ)やマスキングテープ(笑)を使ってキッチンワゴンのパイプに固定しております。

 

 

蒸留水はご覧の通り、ステッキの持ち手部分にフックを取り付けてつるしております。かくゆうこのフックだってもちろん、100円ショップのベビーカー用フック。もうね、医療的ケア関連のだいたいの課題は100円ショップに行けばクリアーできると母は悟りましたね。

 

余談ですが、あんじが使用しているトリロジーのメーカー・フィリップスいわく、加温加湿器は気切部より下の位置に設置したほうがいいとのこと。そうすることで、回路内の結露が気管内に垂れ込むのを予防するのだそうな。

 

市場にあふれるキッチンワゴン、類似品に注意!

 

 

ワゴンにはたくさんの種類があり、母が今回おススメしているワゴンにも類似品があります。そこで、もしみなさまが購入を考えた際に注意していただきたいのが、ワゴンのサイドにあるパイプの数です。

 

 

パイプが2本あるキッチンワゴンを選んでください。パイプが1本しかないキッチンワゴンは、動かすときに足周りと荷台が不安定になり扱いにくいのです。と申しますのも、わが家の2代目キッチンワゴン。

 

あのコはサイドのパイプが1本しかありませんでした。あのコはどこに手をかけてもなかなか思うように動いてはくれず、かといってあまり強く力を加えると軸がたわむ始末

 

ようやく動かせたと思ったら、カーペットのショボい段差でつまずいちゃう。そんな弱いコだった2代目。3代目との差といったら、パイプの数以外ございません。ゆえに、あなたがスイスイ動かせるキッチンワゴンを望むとあらば、ぜひパイプが2本あることを確認してくださいな。

Advertisement

パワーテープ最強!困ったときはシンプルなツールに限る

 

 

先に述べました加温加湿器用の蒸留水をつるすためのステッキですが、現在は、マスキングテープとクランプでは留めておりません。実は、超強力なテープだけで留めております。

 

ステッキの留め方を変えた理由は、マスキングテープとクランプでは1kg ある蒸留水を受け止めきれなかったからです。蒸留水の重みに耐えられなくなったステッキはクランプをすり抜け、マスキングテープで止められた中心部分を支点にくるりと半回転。

 

結果、頭を垂れたステッキによって、元気よく振りかざされる蒸留水。その様、鹿威(ししおど)しのごとく。

 

 

…といった日々がございまして。これ、マ~ジ~で、ビビったんです。無駄に心臓を刺激されて、とてつもないストレスにさいなまれました。蒸留水の急なお辞儀に縮みあがっただけでストレスですから、蒸留水がおのれに直撃した日なんてもう、ストレスの極みですよ。

 

このままじゃ母に折られてしまうのも時間の問題…と窮地に追い込まれたステッキ。そこを救ったのが、なんともシンプルなこのテープでした。

 

アウトドアの強い味方で、雨どいの修理にも使えるという、便利で頼れるパワーテープ様です。結局、何かを留めるならテープで貼るのが一番って答にたどり着いた母。見た目はかなり所帯じみるというか、正直ダサいけど(苦笑)

 

パワーテープ、ホントにはがれません。パワーテープ様、おみそれしました。

 

道具を選べば医療的ケア/在宅医療は快適になる

 

 

わが家のリビングは、2匹の珍獣によっていつもワチャワチャしております。非常にストレスです。日常で感じるストレスはみな、多種多様でありましょう。医療的ケアにとらわれる時間なんつーのも、なかなかのストレスですね。

 

そんなときには、医療的ケアのためのアイテムにこだわってみると、ストレスを解消する突破口が見つかるかもしれません。現に母は、移動しやすく収納力も十分なキッチンワゴンのおかげで、ほんのりストレスが減りましたよ。

 

またおススメのアイテムが見つかった際には、母の私見のみを書き連ねてご紹介してまいります。それでは、みなさまの医療的ケア生活に幸あらんことを。

医療的ケア&アイテムカテゴリの最新記事