寒い冬を乗り切るための必須アイテム!蓄熱式湯たんぽ♪

寒い冬を乗り切るための必須アイテム!蓄熱式湯たんぽ♪

今年はとっても雨が多く、「12月並みの冷え込み」を10月時点で早くも体験するという異常気象に、みなさん翻弄されていることと存じます。そこで今年から我が家が取り入れた防寒グッズが「蓄熱式湯たんぽ ぬくぬく」です(・∀・)

 

 

「ぬくぬく」は、ヒツジ、ウサギ、マングース、アルパカ、サルの5種類のアニマルカバーが着く、充電して使うタイプのリユーザブル湯たんぽです。我が家ではあんじにはピンクのウサギ、弟のイオタには茶色のアルパカを購入しました(・∀・)

 

え、兄のユウトですか?大丈夫です。彼には要りません(゚∀゚)いまだにパンツとランニングシャツのみで寝ているあの子ですから…。さて、「ぬくぬく」の使い方は至ってシンプル。

 

アニマルカバーの内部にある本体の充電パーツ部に充電プラグを差し込み、約20分充電します。

 

 

充電ランプが消えたらプラグを抜き、カバーのファスナーを閉じれば使用可能。布団の中のような閉ざされた空間での使用なら、約8時間の保温効果があるという代物です。まだ寒いリビングでの着替えでブルっときたあんじに「ぬくぬく」を抱かせたところ、この表情(笑)

 

 

母もイオタが寝た後は、アルパカの「ぬくぬく」をそおっと自分の足元に移動させて使用しています(笑)就寝時の足の冷えは子どもの健やかな寝入りをさまたげます。すると必然的に寝つかしにかかる時間は引き延ばされますから、オトナが睡眠時間を削ってまで作っている貴重な自由時間がすり減らされてしまう事態につながりかねません。

 

つまりこの蓄熱式湯たんぽを使うメリットというのは要するに、ガキども寝ないとオトナは自由が利かないけど、これを使えばちゃちゃっと暖かい環境が作れてさっさとガキどもを寝せちまえるぜってことですね。

 

「ぬくぬく」のおかげですっかり体が温まったあんじは、ホレ、この通り(・∀・)

 

 

やらせ感ハンパない笑顔(笑)

 

でも本当に、ホッとする温かさが夜寝る前から朝まで続くだけでも感動なのに、カバーがかわいくて手触りも気持ちよくて、……ハマりますよ(*´σー`)寒がりな子どもやオトナ、人肌恋しいお年頃にもオススメの逸品です☆

 

 

ちなみに、知り合いから「紹介してほしい」との希望を受けてのこの記事の作成に至ったわけでございまして、決して商売っけ全開でご紹介しているわけではございませんので(笑)

 

何卒悪しからず。それではみなさん、それぞれ防寒策に知恵をしぼって、子どもと共に寒い冬を自宅で元気に乗り越えましょうね~

医療的ケア&アイテムカテゴリの最新記事