便利な2択!夕飯のメニューでもめたときの折衷案

便利な2択!夕飯のメニューでもめたときの折衷案

主婦歴16年。およそ毎日、大体同じ時間に同じことで悩んでいる。時は逢魔が時、ときたら悩みは、そう、夕飯のメニューですがな(゜-゜)おっ、そこのあなたも、そんな主婦のひとりかい?

 

ではそんなあなたに朗報だ。母は、夕飯のメニューに悩んだ時にとても便利な2択…もとい、便利なメニューがひとつだけあるじゃないか…!ってひらめきました。おいおい、2択って話じゃなかったかって?

 

そう、実は自由自在なメニューはひとつだけ。しかし、家族のセレクト次第でメニューは2択どころか、無限になるんだ。どうだい、魔法みたいだろう?ただしまあ、チョイとテクニックがいるんだがね?

 

このメニューをひらめいた経緯は、こうだ。

 

いつものごとく、夕飯のメニューの考案に頭を抱えていた母。そのうち、そもそもヒトは本当に3食もの食事が必要なのかと【3食必須論】を論破すべく、脳内会議にまで発展させ始めていた。

 

このままでは人間的にアカンくなると我に返り、やむなく子供たちにリクエストを聞くも、返ってくる答えはこれまたいつも通り「カレー」か「オムライス」。

 

 

おいおい、そのセレクト、ババアの夜の胃袋にゃあ荷が重いぜ?ならば自分だけ別メニューをいただこうかとも考えたが、もはや作ることが面倒くさい。しかし作らねばならないのなら、せめてひとつのメニューで済ませたい。

 

カレーか…オムライスか…ああ、でも、なんだか母は蕎麦が食べたいぞよ…。一応、子供たちに打診してみるか。ねぇ、キミたち蕎麦はいかが…うん、けんもほろろ。しゃーないやね、カワイイ子供たちのリクエストを酌むか。

 

カレーか…オムライスか…と考えつつ、このままほだされるのもシャクに障る…。ともすれば…ああ、そうか。

 

ひらめいたっ…!

 

 

ででんっ!!

 

できあがったのは、見事、子供たちと母のリクエストをコラボさせたこの一品!したがって、夕飯のメニューでもめたときの【解】は、とりあえずオムライス作っとけ!でした☆

 

どんなメニューでも大抵コラボできるけど、「ビーフストロガノフ」とか、「アーリオオリオペペロンチーノ」とかリクエストされちゃうと、ケチャップの技術が要求されるかな♡(*´σー`)

 

そう、魔法に必要なチョイとしたテクニックとは、ケチャップ文字のテクニック☆練習あるのみ、だね☆さあ、これでもう、夕飯のメニューに悩まないっ。(偏った考え

 

この記事を読んだ読者に予想される反応↓↓↓

 

読んで損したわ…(=_=)

時間ドロボーがっ!(=_=)

ク〇がっっ!(=_=)

 

それを受けた母の反応↓↓↓

 

スンマセンした…!

あんじの日常カテゴリの最新記事