2014年8月24日祝・七五三撮影!・・・後の愚痴愚痴

2014年8月24日祝・七五三撮影!・・・後の愚痴愚痴
さて、娘の年齢が不詳になる七五三写真ですが、
感涙必至!杉山家唯一の姫・あんじの七五三・・
アイセル病の娘・あんじは今年で7歳。
身長は80cm弱(関節に拘縮があるため正確には計測できず)、体重は10kgほどなのです。
まあ代謝が正しく起きていないので、
成長にも障害がでるのは当たり前なのですが、
「アイセル病だからしょうがないと」腑に落ちるまでは、
周囲から育児放棄すら疑われましたがな。
食わせてないんじゃないかと。
病名が判明したのは3歳のとき。その頃彼女は保育園児で、
「(なぜか)成長しない子」という扱い。
なぜ歩けないのか、なぜまともに食事をしないのか、
なぜ入退院が多いのかと保母さんから質問攻めの日々。
なぜ?なぜ?って・・・
 そんなんわちきが知りたいがな。
(゜-゜)
母子家庭だったから、朝晩の仕事も育児も必死で、
もうワケわからなかったですょ。
娘が入院すれば
ジジババにケチョンケチョンに罵倒浴びせられるし、
保育園でも「また入院?」って目で見られるし。
入院先が完全付き添いの病院だったから、
入院イコール長期休暇が頻繁で職場でも白い目だったし、
休めば休んだ分稼ぎは減るから、
家賃の滞納で大家さんからのクレームもしょっちゅう。
陳腐な小説で見かけるような生活ですな(゚∀゚)
入院は大体肺炎とか呼吸器系が原因だったんだが、
元々何かの病気があるのを疑って散々検査して、
検体を方々に回して、
2年以上かかって・・・
病名がついてホッとしたっけなぁ。
すべてに説明がつく喜び。
これで治療が始められるんだぁって喜び。
たった一瞬の。
ただし、その病名が新たな心の葛藤を呼ぶことになるんだけど、
それはまた追々・・・
もう寝ないと体が痛いっス。
しあわせ七五三報告のはずがジメっぽい締めになるとは・・・
黒歴史もちはこれだから(;´∀`)
ではいざ、夢の中へ入りますz

あんじの日常カテゴリの最新記事